家畜福祉学寄附講座


こんにちは!急に暑くなってきましたが、お元気ですか?


6月15-16日と東北大学大学院農学研究科で

8社から寄付支援をうけた家畜福祉学寄附講座の意見交換会が行われました。

講座の前身である家畜福祉学(イシイ)寄附講座の二年半の研究成果と

今後の研究教育の方向性について佐藤教授から説明がありました。

またアニマルウェルフェアの現状として、

特にOIEやEUの動きについて、弊社社長は「鶏卵・鶏肉産業の未来」と

題して家畜福祉の可能性をしめしました。

そのほか、支援企業からの期待や要望、

東北大学大学院農学研究科応用動物系の先生方にも

ご参加いただき、各分野第一線でご活躍の先生方に

多角的に家畜福祉についてアドバイスを頂きました。

16日は実験施設見学をしました。


支援企業の方からは生産農家の調査の協力も得られ

家畜福祉が生産現場で実現する日が確実に近付いていることが

感じられました。


d0000268_1724838.jpg


d0000268_1732153.jpg

[PR]
by ishiinohiyoko | 2011-06-24 17:06
<< アメリカで採卵鶏の従来型ケージ... 原発20km圏内家畜殺処分と活用方法 >>