中国、新品種のGM綿花を政府が承認

 9月中国は、新たな交雑種の遺伝子組み換え(GM)綿花の商業使用を承認した。今回承認されたGM綿花は、一般的な病害虫に対する耐性と生産量の増加を両立できる初めての品種と見られており、バイオテクノロジー業界における画期的な業績と評価されている。業界アナリストは、新品種の導入は、近年中国の綿製品業界が直面している困難な課題の軽減につながると期待している。

詳細は:農林水産省 海外農業情報
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-11-01 14:11
<< 韓国、有機表示の信頼性に関する問題 ニシキヘビブーム? >>