トルコ、鳥インフルエンザ感染で死者・アジア以外で初

トルコ東部のイラン国境近くに住むきょうだい2人が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染、少年(14)が死亡した。もう1人も重症。

 同国保健当局は2人から採取した検体を世界保健機関(WHO)と英国の研究所に送り、最終確認を急ぐ。WHO当局者は「残念だが、(2人が)H5N1型に感染したことは、ほぼ間違いない」と語った。

 2人の鳥インフルエンザ感染が確認されれば、東南アジアと中国以外で人が感染、死亡した初のケースとなる。

 家禽や野鳥への感染例は、昨年7月にロシアとカザフスタンで、10月にはトルコやルーマニアなど欧州各地で発見されていた。

 先月30日現在のWHOの世界まとめによると、人への感染が確認された例は、ベトナム、タイ、インドネシア、中国、カンボジアの5カ国の計142件で、74人が死亡している。

日経新聞
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-01-05 10:30
<< 愛犬のためのアクアエクササイズ... 世界自然遺産、小笠原諸島を推薦へ >>