農相、米産牛の危険部位混入で再発防止徹底求める

 輸入された米国産牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の特定危険部位が混入していた問題で、中川昭一農相は22日、来日中のゼーリック米国務副長官と東京都内の米大使館で会談し、再発防止と原因究明の徹底を求めた。

(日経新聞
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-01-23 09:32
<< 日清ペットフード、健康なペット... 有給休暇、計画取得義務づけ・厚... >>