ペット健康食品続々、日本アプリコットは梅を原料に

 ペット向け健康食品を手がけるベンチャー企業が相次いでいる。日本アプリコット(群馬県高崎市、神沢文明社長)は地元産の梅を原料にした健康補助食品を開発し、2月から全国展開。サンアクセス(同、梅田和也社長)は完全無添加のドッグフードに新製品を追加する。ペットの「高齢化」に合わせて腫瘍(しゅよう)性疾患の予防に着目したのが特徴で、関連市場の拡大に対応する。

(日経新聞
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-01-25 09:16
<< 緑茶とコーヒーの糖尿予防効果 レジ袋有料化義務づけず、200... >>