「マイカップ」自動販売機


 紙コップの使用を抑えてごみの量を減らすため、24日滋賀県庁内に自分のコップを持参して飲み物が買える自動販売機が西日本では初めて設置された。持参のコップを使用すると価格が10円安くなる。

 県資源循環推進課は、県庁内で使用される年間8万個の紙コップのうち3割をマイカップに切り替えれば、年間144キロの紙ごみを減らすことができるとみている。

 環境にもお財布にも優しい自動販売機。もっと普及していくといいですね(^-^)

 
 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-04-26 16:26 | 動物福祉と環境
<< 癒し効果のある森林浴 体内のゴミ処理をする自食作用 >>