温泉熱を利用したゴミの肥料化

 
 新潟県村上市の瀬波温泉街で温泉熱を利用して生ゴミを肥料化する取り組みが始まっている。瀬波温泉連絡協議会によると、温泉熱を利用した生ゴミの肥料化は全国初の試みという。
 現在は1日約150キロを処理しており、乾燥したゴミを微生物で発酵させれば最終的に3キロの肥料になるという。

 人にも良い効果がある温泉を環境保全にも役立たせるこの取り組みは素晴らしいことですね。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-16 10:12 | 動物福祉と環境
<< 犬のための24時間ネットラジオ 1370万円の大型犬 >>