42年ぶり放鳥コウノトリの孵化


 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は、囲いに放たれた国の特別天然記念物コウノトリのペアが抱いていた卵3個のうち1個が孵化したのを確認した。
 飼育施設以外でのヒナ誕生は、1964年に福井県小浜市で確認されて以来42年ぶりだ。囲いの中から幼鳥を自然に帰す試みで順調に育てば7月にも巣立つ。

 7月に元気に巣立つ姿を見られるとといいですね。

 (詳しい記事)

 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-19 16:46 | 動物福祉と環境
<< 検査薬を生むダチョウ 三つ子のニホンザル >>