和食はヘルシー


 健康にいいのは洋食より日本食という半ば常識になっている通説を、東北大の宮澤陽夫教授らが科学的に立証した。実験の結果、日本食を食べたネズミの方がコレステロールや脂肪を分解する遺伝子が活性化し、健康的であることが確認できた。
 研究では欧米化がそれほど進んでいなかった60年代の日本食と最近の日本食も比べたが、60年代の食事の方が健康によいようだとの結果も出た。

 和食でも洋食でも美味しいものをバランス良く食べることを心掛けることが大切ですね。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-24 14:40
<< ハマヒルガオ、開花 超薄膜 >>