幻の滝


 初夏を迎えた高山の雪解け水が、溶岩台地から一筋に流れ落ち雪渓に巨大な穴を開けていた。岐阜、石川県境の白山山麓にあり「百四丈滝」で幻の滝ともいわれている。
 滝は山頂の北西、標高約1800メートルの石川県丸石谷源流部にあり、落差は約90メートルある。かつて白山への表参道として平安時代に開かれ、一時廃道になっていた登山道・加賀禅定道からしか望むことができないことから幻の滝と呼ばれ、今でも一泊行程の長いルートを歩く必要があるため目にするのは難しい。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-26 10:02
<< 環境に優しい自動車内装部品 ハマヒルガオ、開花 >>