AWガイドライン制定

国内外でアニマルウェルフェアの関心が高まる中、

ついに日本においてもアニマルウェルフェアの考えに対応した

飼養管理指針(ガイドライン)が制定されました!


今回は豚と採卵鶏の飼養管理に関する指針です。

その内容はアニマルウェルフェアの
「五つの自由」
①飢え渇きからの自由
②苦痛、傷害または疾病からの自由
③恐怖および苦悩からの自由
④物理的、熱の不快さからの自由
⑤正常な行動ができる自由
に基づくものでした。

科学的な技術開発により、自動給餌器や空調機など機械化が進み、

餌が切れて家畜を空腹にさせることはなくなりました。

また、医療技術の進歩により開発された有効性の高いワクチンを

接種することで以前は大きな問題となっていた病気の発症も抑えられるように

なりました。

それぞれの技術の進化とともに、イシイは周辺事業部の業務を中心に

養鶏におけるアニマルウェルフェアの①~④に大きく貢献をし、

社会のニーズに対応した商品を提供し続けてきたと思います。



今回のガイドラインでは生産性との関連が明らかになっていないために

⑤の「正常な行動する自由」については

記載はありませんでしたが、今後の議論や研究が進めば

将来的にイシイの商品になる可能性がある分野だと考えられるのではないでしょうか。


d0000268_1852290.jpg

[PR]
by ishiinohiyoko | 2009-06-03 18:06 | 動物福祉と環境
<< EUにおけるアニマルウェルフェ... 新型インフルエンザの脅威 >>