<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

緊急ワークショップ2005年4月24日〔日〕のご案内


国境を越える食の不安と家畜の病気BSE・鳥インフルエンザ…  
-5月にOIEの世界動物福祉基準が決定される-

 OIE(国際獣疫事務局、国際動物保健機関)が昨2004年5月の総会で提出した「世界家畜福祉ガイドライン」が本年5月の総会で決定される見込みです。
WTO体制によって物流が国際的に拡大するとともに、家畜由来の感染症も国境を越えて拡散し、食の安全に大きな影響を及ぼしつつあります。動物感染症の国際的専門機関であるOIEによる動物福祉の原則指針の決定は、動物の健康と動物の福祉の間には不可分の関連性があることを指摘し、各国にこの問題への対処を求めるもの
となるでしょう。
 
 これに関しては、広く国民的レベルでの議論の場をつくる必要があり、その前提として、生産者、消費者、食品業者、獣医師など民間レベルでのOIEのガイドラインについての情報の共有と今後の日本の対策を考えていくことが必要です。
当研究会では、この間OIEの動物福祉に関するワークショップに参加するなどして情報収集を行い、この決定が及ぼす影響(特にWTO対応)や日本における取り組みを検討してきたところですが、5月のOIE総会を目前にして、このたび研究会主催で緊急ワークショップを開催することといたしました。関心のある皆様のご参加と活発なご意見、ご提案を期待いたします。参加できない場合においても、ご質問やコメントをお寄せいただければ幸いです。

◎主催:農業と動物福祉の研究会 JFAWI 
◎日時:2005年4月24日(日)10時30分~16時45分
◎場所:メイン会場;大手町JAビル全中8階会議室、
分科会会場;大手町JAビル全中7階会議、全農701号会議室、全農705号会議室

10:30 開場
11:00~12:30 【報 告】 

報告会「5月に決定されるOIEの世界動物福祉基準について」
   座長:野上ふさ子(地球生物会議代表)
   
1.「家畜福祉とはなにか」(仮題)
   佐藤衆介(東北大学大学院農学研究科・教授)

2.「OIEの世界家畜福祉ガイドラインについて」
   松木洋一(日本獣医畜産大学応用生命科学部・教授)


1:30~3:30 【ワークショップ】
 
第一分科会「BSEなど家畜の感染症と検査システム」  
  座長:松木洋一(日本獣医畜産大学応用生命科学部・教授) 

 【報告】植田富貴子(日本獣医畜産大学獣医学部・獣医公衆衛生学教室助教授)

第二分科会「品質とストレス」
  座長: 矢崎栄司(アースワークルーム代表)

  ◎家畜のストレスとストレスの軽減 (畜種別)
  ◎バイオセキュリティとトレーサビリテリ

  【話題提供】
   前川勝文(オルティック・ジャパン テクニカルアドバイザー)
    氏本長一(宗谷岬肉牛牧場長)
    酒井良則(富士開拓農業共同組合参事)
   竹内正博(株式会社イシイ社長)  
    
第三分科会「自由貿易ルールと食の安全」 
   座長:原 耕造(全農・大消費地対策部次長)
   
  【話題提供】 
   蔦谷栄一(農林中金総合研究所 常務)
   永松美希(日本獣医畜産大学応用生命科学部・助教授)
   信岡誠治(農業ジャーナリスト)

3:30~4:45 【全体討議】

◎参加者:4月22日までに下記まで事前申し込みをお願い致します。
生産者・消費者・食品業者、獣医師、行政などの関係者 100人未満

◎資料代:1000円+(昼食代1000円)
  


農業と動物福祉の研究会  JFAWI 代表 松木洋一

農業と動物福祉の研究会HP

本獣医畜産大学応用生命科学部・動物科学科・食料自然管理経済学教室
〒180-8602東京都武蔵野市境南町1-7-1
大学直通Tel/Fax:0422-32-4346 
E-mail : myoichi@interlink.or.jp
        myoichi@nvau.ac.jp  
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-21 10:42

小動物獣医療班

小動物臨床の獣医師数は最近10年間で1.5倍の約1万人となり
犬猫の飼育頭数は大きく変わらないものの
飼育者の意識が大きく変わり、小動物獣医療も多様化している中、

平成16年10月農水省に小動物獣医療班が設置された。

近年の少子化などにより家庭における伴侶動物の存在意識が変化・増大
していること、飼育動物も多種多様化してきていることにより
小動物臨床獣医師に対する社会的ニーズの高度化、多様化を受けてのことである。

①獣医核医学
②広告の制限
③専門医
④臨床研修

今年に入ってから上記①の課題について検討会を開催してきている。
順次他の課題についても検討される予定である。
これによって動物病院に対する様々な規制が明確化することが予想される。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-20 09:35

動物福祉関係の国際会議のご案内

会議名       : 第39回国際応用動物行動学会議

開催場所      : 麻布大学
開催期間      : 2005年8月20日~24日
メインテーマ     : 「ヒトと動物の共生」
分科会のテーマ  : 「家畜福祉と家畜生産性・家畜健康性との関係」
              「ヒューマンアニマル・ボンド」
              「ヒトと野生動物の生活上の関わりから来る諸問題と解決法」
              「飼育環境エンリッチメント」

※ OIEは2005年に、輸送、食用虐殺、淘汰虐殺に関する各福祉基準を、次に飼育管理福祉基準、最後に実験動物と野生動物の基準を作る予定である。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-15 10:17

Pet博

名犬、珍犬をみてみたいならこちら!
Pet博in東京 が今年も東京ビックサイトにて4/29~5/5に開催されます。
(※ドッグショースタンダードとは違った概念での展示です)
世界中の犬猫に加え珍しいウサギなどの小動物も展示され
しつけ教室や運動会なども企画されています。

Pet博inなごや7/16~7/18
Dog&Cat博8/27~8/28
Pet博in大阪9/23~9/25

平成12年12月1日に動物保護管理法から動物愛護管理法に大きく変わりましたが
今年も更に改正案が通常国会で成立される見込みです。
この動物愛護管理法を受けて昨年展示動物の飼養及び保管に関する基準も見直されました。
(平成16年4月30日改正)
動物園はもちろんのこと、ペットショップでの飼養管理も加えられました。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-15 10:06

鳥インフルエンザ情報の近況

3月16日

 北朝鮮で先月、鳥インフルエンザが流行し、ニワトリ数千羽が死んだとの情報があり、韓国の当局が確認を進めているとのニュースがありました。平壌の養鶏場で多数のニワトリが死亡したので、北朝鮮政府が緊急対策を取ったようです。また、地中に埋めて処分したニワトリを、住民らが掘り起こして売っているとも報道されています。
 
 韓国食品加工業者が17日に北朝鮮から40トンの鶏肉の輸出を予定していましたが、取引は中止となったようです。ちなみにこの取引は、今年初めに南北で合意された初の肉類の2国間貿易となるはずでした。この時点で韓国統一省は、北朝鮮での鳥インフルエンザの流行を示す証拠はないとし、世界保健機関(WHO)も、流行については「現在のところはうわさレベルだ」と話しています。

3月27日

 北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、国内で鳥インフルエンザが発生したと初めて発表しました。同通信は同国の国家獣医非常防疫委員会メンバーの話として、平壌市などいくつかの養鶏場で鳥インフルエンザが発生し、感染したニワトリ数十万羽は焼却され埋められたようです。


4月10日

 カンボジアの首都プノンペンの病院に肺炎に似た症状で入院し、死亡した少女(9)から、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことがわかりました。


4月12日
 鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)がカラス同士で感染することを、動物衛生研究所(茨城県つくば市)が初めて確認したようです。カラスがニワトリと同様に、ウィルスを媒介し増やす可能性があり、「H5N1型が人に感染する可能性は極めて低いが、鶏舎にはカラスを近づけないなどの対策が必要だ」と話しています。
 
 山口県の養鶏場で昨年発生したH5N1型の鳥インフルエンザウイルスをカラス4羽に投与すると4羽は感染し、うち1羽が気管支炎などの症状を示したといいます。そしてこの4羽を感染していない2羽と2週間、同じ小屋で飼育したところ、2羽も鳥インフルエンザに感染したようです。
 6羽はいずれも死には至らなかったようですが、、口や気管から別のカラスやニワトリに感染するのに十分な量のウイルスが検出されているようです。
 
 ちなみに京都府が終息宣言をした昨年4月以降に環境省が実施した調査では、カラスの感染例はありません。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-13 15:08

トイざらス

玩具、ゲーム、ソフトウェア、書籍、ベビー・子供用品の大型チェーン店である
トイざらス”のインターネット店がペット用品の販売を開始。

YARRAHも取り扱い頂いております!
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-11 14:27

ネコの感染症

先月の第139回日本獣医学会学術集会でも、
やはり鳥インフルエンザ講演が集中していました。

農水省、動物衛生研究所、JICAなどの講演に加え、
多方向からの実験研究が発表されていました。

鳥インフルエンザは、日本の家庭で多く飼育されている
ネコやイヌにも感染する可能性があります。
(日本国内で自然感染するとは思えませんが・・・)

ネコ科動物で鳥インフルエンザに感染した例としては、
タイでトラが何十頭も死亡しています。(動物園も希少動物の隔離で大変ですね。)
オランダのネコの実験感染も記事になっていましたね。


あと認知度の高い疾病としては、イヌの感染症として知られているフィラリア症
(犬糸状虫症)がネコへの適応性を高めている可能性が示唆されました。

1953年徳島での初の調査では犬の感染率43.8%に対しネコは0%。
その後の実験でもネコの感染率はイヌの1/100であり
感染してもせいぜい1匹(/ネコ)で未成熟だったというのが
1990年代の実験では感染率がイヌの1/15にあがり、
感染した虫体のほとんどが正常に発育したというのです。

そのうちネコもフィラリア予防薬を必要とするかもしれませんね。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-07 11:13

緊急ワークショップのご案内

株式会社イシイ


このことについて別添の通りワークショップが開催されます。
OIE(国際獣疫事務局・国際動物保健機関)は最近BSEの20ヶ月問題でクローズアップされていますが、本来の活動はBSEや鳥インフルエンザの原因ではないかと言われている「家畜のストレス」について研究をしている機関です。WTO体制でのコーデックス委員会と同等の格付け機関であり、ここで決定されたことが世界の貿易ルールになるのです。

ついにOIEの世界家畜福祉基準が今年の5月OIE総会で決定されることになります。今回の世界基準には動物の飼育に関する部分は入っていませんが、5月の総会以降、早い時期に検討が予定されています。

日本国内において、昨年、家畜伝染病予防法の飼養衛生管理基準に「家畜の健康に悪影響を及ぼすような過密な状態で家畜を飼育しないこと」が盛り込まれ、産業動物の飼育面に動物福祉が考慮されました。

参加者は限定されますので、早めに申し込まれた方が宜しいかと思います。

農業と動物福祉の研究会は任意の団体で、活動内容についてはホームページをご覧下さい。放牧豚、放牧酪農、地鶏、野生動物被害対策等について研究実践している団体です。

もしご不明な点がございましたら竹内正博までお問い合わせ下さい。

以上

農業と動物福祉の研究会
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-07 06:46

会社説明会兼採用試験

株式会社イシイ2006年度採用案内を更新しました。今年度は採用枠がさらに広がっております。

東京試験は3月28日(月)の会社説明会兼面接試験結果を受けて4月25日に2次試験を行います。徳島採用に関しては2次募集として4月30日に徳島での会社説明会兼採用試験を行うことが決定しました。

詳細はメインコンテンツをご覧下さい。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-06 17:36

にぎわうチキンまつり


 昨年発生した鳥インフルエンザの影響で落ち込んだ国産鶏肉”の消費回復を図るため3月25日~27日にかけて、全国主要都市で『国産チキンまつり』((社)日本食鳥協会)が開催されました。
 
「から揚げの試食・販売」は開始時刻を午前10時から約3時間繰り上げるほどの人気があった上、昼前には用意した手羽元が全てなくなるほどの盛況であったといいます

 25~27日のキャンペーン期間中は、東京の専門小売店も店頭で特売を実施して、国産鶏肉の良さを消費者に理解して貰おうと様々なアピールをしたようです。

 東北地域では、25日に仙台、26日に盛岡で開催福岡、大分、長崎、鹿児島は25~26日、佐賀は26~27日、山口、宮崎は26日に開催されました。こちらも大変な賑わいだったようですね。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-04-05 17:16