<   2005年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ペットにもサプリ!

若い女性を中心に人気が拡大しているサプリメントが、ペットの世界にもすそ野を広げつつある。免疫力が低下している室内犬など増えており、薬に頼らずペットたちをより健康にしたいという飼い主の要望が強くなっている。メーカーも新製品を続々と投入。「アミノ酸」や「CoQ10」入りなど、もはやヒト様向けに劣らない品ぞろえ。サプリを利用するペットのほとんどは犬。
(日経MJ)

☆東京・世田谷 イタリアン レストラン「ピッツェリア フーモ」:
ペット同伴OKのお店。ペット栄養管理士の店員矢作尚子さんが、店内のドックメニューに犬の体調に適したサプリメントをトッピングしてくれるそうです。
ただし、このサプリは残念ながらソリットゴールドさんのもの・・・。ヤラーもサプリできないかなあ。。。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-19 10:45

診療方針3・16%下げ

来年度の国の予算編成の焦点のひとつ、診療報酬の引き下げについて厚労、財務両省は下げ幅を過去最大の3.16%とすることで合意した。

内訳は本体が1/36%、薬価・医療材料費が1・8%。本体のマイナス改定は2002年度以来二度目で全体の下げ幅が3%を超えるのは初めて。医療費の膨張を抑えるため、高齢患者中心の窓口負担引き上げに続き、政府は診療報酬の下げで医療機関にも負担を求めた。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-19 09:53

茨城の鳥インフルエンザ、養鶏場の抗体検出38か所目

 茨城県は18日、同県茨城町の2養鶏場で、鳥インフルエンザの感染歴を示す抗体が検出されたと発表した。県内で感染が確認された養鶏場は38か所目。

 2養鶏場はこれまでの検査では陰性だったが、検査が不適切だったとして、県が再検査したところ、抗体陽性が確認された。

 2養鶏場は、県が家畜伝染病予防法違反(検査妨害)の疑いで、県警に告発した愛鶏園(本社・横浜市)が経営している。11月1日の検査時に、2養鶏場とも、それぞれ全4鶏舎のうち1鶏舎について、陰性の可能性が強いとみられる別の鶏舎の鶏をあらかじめ移して提出していたという。

 県は今後、2養鶏場の計約16万羽をすべて処分する。

(読売新聞)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-19 09:47

スイス 今後5年間GMO禁止~広がる反GMOの波~

11月27日にスイスで行われた国民投票の結果、遺伝子組み換え食品栽培や動物の飼育を今後5年間禁止することが決定した。(※ただし、実験・研究には不適用。)

詳しくは:ヨーロッパオーガニックニュース または EUOFA通信 を参照。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-16 18:30 | 動物福祉と環境

イラクの大量破壊兵器情報は誤り・米大統領認める

 ブッシュ米大統領は14日、イラク戦争前に米政権が把握していた大量破壊兵器などに関する情報の多くは「誤りだった」と認め、開戦決定について「大統領として責任がある」と表明した。開戦判断の非を認める発言ではないが、自らの責任に言及したのは初めて。

 イラク情勢の泥沼化が続き支持率が低迷する中、戦争の大義に掲げた大量破壊兵器が存在しなかったことへの根強い批判に配慮を示す狙いがあるとみられる。一方で旧フセイン政権を倒したのは「正しかった」と述べ、イラク戦争をあらためて正当化した。

(NIKKEI NET)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-15 10:01

消費税改革、07年度メド / たばこ税1本1円上げ

 自民、公明両党は15日の与党税制協議会で、2006年度税制改正大綱を決定する。消費税については「07年度をめどに消費税を含む税体系の抜本的税制改革を実現させるべく取り組んでいく」とし、来年度に税率上げを含めた議論に入る姿勢を示した。郵政民営化で発足する郵政持ち株会社に対しては、過疎地向け基金の積立資金の損金算入を認める法人税の優遇措置を導入する。たばこ税は1本あたり1円引き上げる。

 消費税を巡っては、小泉純一郎首相が来年9月までの任期中の引き上げを否定。与党は04年度改正から2年連続で「07年度をめどに消費税を含む税体系の抜本的税制改革を実現する」と大綱に明記した。

(日本経済新聞)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-15 09:03

小麦粉が混入、ダイエットサプリ6万個回収 ファンケル

化粧品会社「ファンケル」(横浜市中区)は13日、10~12月に製造して販売したダイエットサプリメント「パーフェクトスリム」6万個に、成分表示されていない小麦粉が誤って混入されていたと発表した。小麦アレルギーのある人が小麦粉を摂取すると、微量でも呼吸困難に陥る場合もあるため、14日から自主回収を始める。

(asahi.comより)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-14 10:29

姉歯元建築士の証人喚問始まる

衆院国土交通委員会は14日午前、マンションなどの耐震強度偽装問題をめぐり、姉歯秀次元1級建築士を証人喚問した。構造計算書を偽造した経緯や、「圧力」の有無をめぐり質疑をする。

(asahi.comより)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-14 10:25

インドネシア、鳥インフルエンザの死者9人に

インドネシア保健省は13日、「H5N1型」鳥インフルエンザにより新たに男性1人の死亡が確認されたと発表した。これで同国の感染者は14人で感染死者は9人目となった。同省はマレーシアに近いスマトラ島南西部でも鳥インフルエンザにより鶏が大量死した事実も公表、周辺国に感染が拡大する懸念もある。

(NIKKEI NETより)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-14 09:20

米国産牛肉輸入禁止再開へ

農水・厚労両省は12日、牛海綿状脳症(BSE)の発生で輸入を禁止していた米国・カナダ産牛肉の輸入を再開すると発表した。生後20カ月齢以下の牛に限るなど、日本が提示した輸入再開条件を米国側が受け入れたためで、両省は13日に専門家の査察チームを米国・カナダに派遣し施設を調べる。早ければ1週間以内に輸入が再開される見通しだ。米国産牛肉は2年ぶり、カナダ産は2年7カ月ぶり。一方で、緊急輸入制限措置(セーフガード)の発動基準を見直す。
 
 牛肉の輸入再開の条件は、生後20カ月以下で脳や脊髄(せきずい)など特定部位を除去すること。米国・カナダがこれらの条件を受け入れたため、農水省は、同日開いたBSE対策本部の会議で、輸入解禁の方針を正式に決めた。会議に参加した宮腰光寛農水副大臣は「(政治的ではなく)科学的知見に基づいた結果だ」と述べた。

(日本農業新聞 e農Netより)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2005-12-13 09:21