<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

コンビニ、レジ袋削減へ


 ローソンやセブンイレブンなどコンビニエンスストア大手12社が2010年度までのレジ袋削減目標を設け、そのための取り組みを6月から全国約4万店で始めると発表した。
 取り組みの内容として、買った商品数が少ない客にはレジ袋ではなく、シールを張って対応するほか、削減の協力を呼びかける声かけ運動を実施する。また、品物の大きさに合ったレジ袋の提供を徹底することなどが挙げられた。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-30 15:20 | 動物福祉と環境

環境に優しい自動車内装部品


 植物を原料にしたプラスチックや繊維が、自動車の座席やドアなどの内装部品に広く活用されそうだ。既に使われ始めている家電製品や食器などと比べ、自動車は強度や耐久性の向上がハードルだが、トヨタ自動車に続きホンダとマツダが実用化のめどをつけた。植物由来の素材の場合、石油系素材よりも、廃棄時に焼却する際の二酸化炭素増加を抑えられる。
 マツダは広島大などと共同で、強度に優れた植物原料プラスチックの開発に成功した。数年後に助手席の収納ボックスなどに使用するという。

 原油価格が高騰していく中、環境にも優しい植物を原料とした部品を使った車はこれからもっと必要になってくるんでしょうね。

 (詳しい記事)

 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-29 16:10 | 動物福祉と環境

幻の滝


 初夏を迎えた高山の雪解け水が、溶岩台地から一筋に流れ落ち雪渓に巨大な穴を開けていた。岐阜、石川県境の白山山麓にあり「百四丈滝」で幻の滝ともいわれている。
 滝は山頂の北西、標高約1800メートルの石川県丸石谷源流部にあり、落差は約90メートルある。かつて白山への表参道として平安時代に開かれ、一時廃道になっていた登山道・加賀禅定道からしか望むことができないことから幻の滝と呼ばれ、今でも一泊行程の長いルートを歩く必要があるため目にするのは難しい。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-26 10:02

ハマヒルガオ、開花


 初夏の日差しを浴び、滋賀県守山市今浜町の琵琶湖岸でハマヒルガオ(ヒルガオ科)が咲き始めた。今年は気候などの影響で例年より開花が遅いものの、直径約5センチのかれんな桃色の花が景観に彩りを添えている。見ごろは6月上旬~中旬。

 かわいらしいお花です。今年は日照時間が少なく農作物などへの影響が心配ですが、貴重な日差しを浴びて元気に育ってほしいです。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-25 15:14

和食はヘルシー


 健康にいいのは洋食より日本食という半ば常識になっている通説を、東北大の宮澤陽夫教授らが科学的に立証した。実験の結果、日本食を食べたネズミの方がコレステロールや脂肪を分解する遺伝子が活性化し、健康的であることが確認できた。
 研究では欧米化がそれほど進んでいなかった60年代の日本食と最近の日本食も比べたが、60年代の食事の方が健康によいようだとの結果も出た。

 和食でも洋食でも美味しいものをバランス良く食べることを心掛けることが大切ですね。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-24 14:40

超薄膜


 髪の毛の太さの約2000分の1の薄さなのに、実用につながる十分な面積や強さを持つ膜の作製に理化学研究所の研究チームが成功した。この膜はセラミックの一種と有機高分子それぞれの網目がお互いに絡み合った構造で、内径0.32ミリの細いスポイトで吸い込むことができるほど薄く、しかも吐き出すと元の大きさに戻る柔軟性を持っている。

 髪の毛の太さの2000分の1の薄さとはなかなか想像つかないです…(^^;)

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-23 11:23

検査薬を生むダチョウ


 ダチョウの巨大な卵や血液を使い、がんや感染症などの検査薬を安く大量生産する方を大阪府立大大学院の塚本康浩助教授が開発した。1羽が5カ月で200万人分もの検査薬を生み出すことも可能といい、年内には国内の製薬会社とともに臨床試験に着手する。
 従来は抗体の作製はウサギの血液を使用することが多いが、ダチョウ1羽の「生産能力」はウサギ数百羽分に相当するという。
 また、がんだけでなく食中毒や感染症を診断する抗体も作れるため、BSEなどの検査にも利用が期待される。

(詳しい記事)

 

 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-22 15:02

42年ぶり放鳥コウノトリの孵化


 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は、囲いに放たれた国の特別天然記念物コウノトリのペアが抱いていた卵3個のうち1個が孵化したのを確認した。
 飼育施設以外でのヒナ誕生は、1964年に福井県小浜市で確認されて以来42年ぶりだ。囲いの中から幼鳥を自然に帰す試みで順調に育てば7月にも巣立つ。

 7月に元気に巣立つ姿を見られるとといいですね。

 (詳しい記事)

 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-19 16:46 | 動物福祉と環境

三つ子のニホンザル


 千葉県富津市豊岡の高宕山自然動物園で三つ子のニホンザルが生まれた。ニホンザルの三つ子出産は極めて珍しく同動物園では初めてだ。飼育責任者の座間義晴さんは「初めての三つ子。三匹とも無事育って欲しい」と見守っている。

 かわいいです。三匹とも仲良く元気に育ってほしいものです。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-18 16:34

犬のための24時間ネットラジオ


 タイの愛犬家が犬のために音楽を提供する24時間放送のインターネットラジオを開設した。
アメリカのペット向けラジオ番組に触発されたという愛犬家のウヌポン・ボーンチョーンさんが開設し10日から放送を開始した。犬向けにボーカル曲やインストルメンタルを流している。

 ウヌポンさんの飼い犬はタイのフォークソングがお気に入りで、犬が気に入る音楽は飼い主の好みを反映したものが多いそうだ。

 犬向けの音楽とはどんなメロディなんでしょうか・・・ぜひ聞いてみたいものです♪

(詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-17 15:57