<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

温泉熱を利用したゴミの肥料化

 
 新潟県村上市の瀬波温泉街で温泉熱を利用して生ゴミを肥料化する取り組みが始まっている。瀬波温泉連絡協議会によると、温泉熱を利用した生ゴミの肥料化は全国初の試みという。
 現在は1日約150キロを処理しており、乾燥したゴミを微生物で発酵させれば最終的に3キロの肥料になるという。

 人にも良い効果がある温泉を環境保全にも役立たせるこの取り組みは素晴らしいことですね。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-16 10:12 | 動物福祉と環境

1370万円の大型犬


 中国四川省の成都でチベタン・マスティフという犬種など大型犬のオークションが行われた。
富裕層の間で人気の高まっている同犬種の値段は、約1370万円をつけられることも珍しくないと言う。

 1370万円の犬、すごいですね・・・とてもとても遠い犬のように感じます。

(詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-15 15:45

薬膳ケーキ


 砂糖を使わずにキシリトールや抹茶などを用いて血糖値の上昇を抑える効果がある「薬膳ケーキ」を武庫川女子大研究チームとNPO法人・けいはんな薬膳研究所が開発した。同研究所の井原浩二理事長(は「『体に良いがおいしくない』という薬膳の先入観を覆すおいしいケーキに仕上がった」と話している。

 材料には抹茶と桑の葉を加え、小麦粉や黒大豆、トウモロコシなどの配分も試行錯誤しながら決めた。キシリトールで甘みをつけ、砂糖を使わないために生じるパサつき感もなくした。さらに、ケーキと一緒に飲むことが多いコーヒーや紅茶に含まれる砂糖による血糖値上昇を抑える効果もあるという。今後、人体への効果も検証する。

 研究所に併設する薬膳レストランあわさいで1本1000円で販売。要予約。1本あたり約450グラム、約1200キロカロリー。

 おいしいケーキを食べられて、その上体に良いとは素晴らしいケーキですね。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-12 15:30

快水浴場百選


 環境省は10日、水質や環境保護活動に優れた全国100の浜辺を選び「快水浴場百選」として発表した。岩手県宮古市の「浄土ヶ浜海水浴場」など12か所は特選とした。

 同省はこれまで水質や自然景観の美しさを中心に評価してきたが、今回は自然観察の取り組みやリサイクル活動、公共交通を含めた行きやすさも重視し選定した。

 梅雨が過ぎたら夏本番ですね。今回選ばれた100カ所のうち1つくらいは行ってみたいものです。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-11 10:41

イルカの口笛


 英米の研究チームが実験観察で、バンドウイルカはお互いに「名前」を告げて意思を伝え合っていることを確かめた。人間以外の動物で、名前のような「身元情報」を伝え合っているのが確認できたのは初めてだという。

 バンドウイルカは特有の「口笛」のようなかん高い声を発し合い互いを仲間であることを確認している。相手の口笛をまねしたり飼育下で物体を指し示す新しい口笛を覚えたりするため、口笛は名前としても使われているのではと推察されていた。

 実験観察の結果、声ではなく内容に反応していることがわかりどのイルカが発しようと口笛は「名前」としても使われていると判断できた。

 イルカの世界にも名前のような情報があるんですね。その口笛を聞いてみたいです。

(詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-10 15:36

ペットボトルのリサイクル


 独立行政法人・産業技術総合研究所(茨城県つくば市)がペットボトルなどを275度の水を使って原材料まで効率よく分解することに成功した。原材料まで戻す完全リサイクルで、繰り返しペットボトルを再生産できる。さらに、ごみ処理場の排熱で加熱できるため資源の有効利用につながる。
 従来、分解には毒性の強いメタノールを用いていたが、水を使えば有害な廃液も出ず環境にもやさしい。同研究所は2~3年後の実用化を目指す。
 同研究所コンパクト化学プロセス研究センターの白井誠之・触媒反応チーム長は「既存の回収システムと組み合わせれば、資源循環型の社会に貢献できる」と話した。

 薬品などではなく水でリサイクル出来るなんてすごいですね。実用化されるといいなと思います。

(詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-09 14:22

ホッキョクグマ、カバも絶滅危惧種に


 国際自然保護連合(IUCN)は1日、絶滅の恐れがあり優先的な保護が必要な動植物を掲載した2006年版「レッドリスト」を公表した。、乱獲以外にも多様な原因で生き物の生息環境が悪化していることが分かった。

 評価対象の約4万種のうち絶滅危惧(きぐ)種とされたのは1万6119種。04年版の1万5589種より530種多かった。

 ホッキョクグマは1996年に「絶滅リスクは低い」と判定されたが、地球温暖化の影響を顕著に受け北極海の氷の溶解が急速に進むとした最近の研究に基づき、IUCNは今後45年で個体数が少なくとも30%は減ると予測した。

 カバも初めてリスト入りした。アフリカ第2の生息地だったコンゴ民主共和国で食用や牙目当ての乱獲が続き、個体数が95%も減ったのが響いた。


(詳しい記事)

 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-08 12:41 | 動物福祉と環境

会社説明会日程変更のお知らせ


 (株)イシイ会社説明会の日程が変更になりましたのでお知らせします。

第2回 会社説明会(徳島) 5月8日 9時~
     採用試験(徳島)   5月12日 13時~     イシイグループ本社にて

第3回 会社説明会(徳島) 5月29日 9時~
     (採用試験も同時に行います)           イシイグループ本社にて

第4回 会社説明会(東京)  6月2日 9時~
     (採用試験も同時に行います)            (財)総評会館 404会議室にて
                                   試験会場(東京)

以上の通り変更となりましたのでよろしくお願いします。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-02 14:01

踊る銀河


 アメリカ航空宇宙局(NASA)が、宇宙のかなたで2つの銀河が合体する様子を公表した。仮面舞踏会に使われるマスクのように見えるため、NASAは「踊る銀河」と呼んでいる。

 2つの銀河は約4000万年前に出会い、マスクの「目」の部分がそれぞれの銀河の中心。
NASAによると、2つの銀河が完全に一体化するのは5億年後だという。


 本当にマスクのような美しい銀河ですね。2つの銀河が1つになるのにあと5億年・・・・・・・
気の遠くなるような年月です・・・


(詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-05-01 10:36