<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

5トンの誕生日ケーキ


 ニューヨークのクイーンズ地区で世界最大のポップコーン製ケーキが作られた。ケーキの重さは5440キロで高さが7.16メートル。インドの宗教家シュリ・チンモイさんの75歳の誕生日を祝い作られた。

 いったい何人で食べたら食べきれるのでしょうか…

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-30 13:41

ダイヤモンド時計


タイの首都バンコク市内のショッピングセンターで、砂時計ならぬ「ダイヤモンド時計」が披露された。滑り落ちるダイヤの粒は合計1万カラットに上り、時価約6億4000万円相当という。

 (詳しい記事)

 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-29 15:52

紅茶の力

 
 ロンドン大学キングズ・カレッジの研究者キャリー・ラクストン氏は1日に3、4杯の紅茶を飲むと健康になるという研究結果をまとめた。心臓発作やがんの予防につながるほか、虫歯にならず骨も強くなるという。
 紅茶は、果物や野菜が持つ良質な抗酸化栄養素を含み、3杯の紅茶にはりんご1個の約8倍の酸化防止効果があるという。 

 以前、糖尿病予防に緑茶やコーヒーが良いという記事を紹介しましたが、紅茶にも色々な効果があるみたいです。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-28 14:59

エコフラワー


 化学肥料や農薬をあまり使わず、排水の管理もきちんとしている栽培方法で育てられた花を、「環境にやさしい花」としてロゴマークをつける認証制度が9月からスタートする。売れ筋の切り花であるバラ、カーネーション、キクが、中国や韓国などから安く大量に輸入され、国内産にとって「脅威」になっている背景がある。消費者にとっては、「安全・安心」を買うとともに環境保全に参加できる仕組みだ。

 認証制度は、花栽培の盛んなオランダで90年代に誕生した。環境問題に対する意識の高まりから、肥料や殺虫剤を過剰に与えることが問題視されるようになり、業界の自主規制が制度化されて定着した。現在では、オランダの財団法人「花卉園芸農業環境プログラム協会」が管理する認証制度が、世界24カ国で導入され34カ国で準備されているという。
 日本では、「MPSフローラルマーケティング」が認証権を委任され、学識経験者らで構成する基準設定委員会が、日本の気候にあわせた基準をつくる。生産者は、環境に対する姿勢や高品質をアピールできる利点がある。

 (詳しい記事)

 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-25 10:05 | 動物福祉と環境

1万人の大茶会


 日本有数の抹茶の産地である愛知県西尾市で10月、1万人で一斉に抹茶を飲むというユニークな大茶会が企画されている。ティーパーティー部門でのギネス記録が狙いで、アメリカの大学構内で昨年5月、一斉に紅茶を飲んだ7250人の記録更新を目指す。
 当日は同市中心街の通りを赤い敷物で覆い、総延長1.5キロの茶席が出現する。

 1万人が一緒に抹茶を飲むなんてすごいです。ギネス記録を更新できるといいですね☆

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-23 14:00

アートなお弁当


 イチローやカルロス・ゴーンなどの有名人を、ご飯やおかずを使い彫刻や絵画のように作る主婦たちの弁当がブームだ。作品を紹介したサイトは大人気で、海外からも注目が集まっている。
  栃木県足利市内で4人の子どもがいる40代後半の主婦は、次男が高校に入学した時から芸能人やスポーツ選手などの弁当を作るようになった。絵日記感覚で昨年4月から、弁当の写真を毎朝ブログで紹介すると500万ヒットを記録した。テレビや雑誌でも紹介され韓国やブラジルからも取材があり、2月には本「愛のギャク弁」も出版された。
 
 (詳しい記事)
 
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-16 11:08

変装飛び込み大会


 岐阜県郡上市八幡町で6日、変装して橋から約11メートル下の吉田川に飛び込む「清流吉田川変装ジャンプコンテスト」があった。変装のユニークさと飛び込む時の姿勢の美しさを競う夏の恒例行事だ。今年は男性ばかり26人が出場し、カッパの姿で飛び込んだ名古屋市の民放アナウンサー金山泉さんが優勝した。

 夏らしいコンテストですね☆飛び込む位置がかなり高そうです…(^^;)

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-07 13:41

氷に囲まれたバー


 店内の温度は常時零下5度で、壁やグラスだけではなくカウンターも北極圏から輸入した氷でできている東京都港区西麻布にある「アブソルート・アイスバー東京」が人気を集めている。 ロンドンやミラノに続いて今年2月にアジアで初めて開店した。
 防寒着を着て冷えたグラスを傾ける客の中には寒さに耐えかねて、おもむろに靴下をはき始める客や使い捨てカイロを取り出す客もいる。

 この時期にはぴったりですね☆見ているだけで涼しくなります。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-04 10:46

ゆで加減がわかる卵


 イギリスの鶏卵生産団体が殻に特殊な塗料を印刷し、最適なゆで加減が一目でわかるようにした卵を近く発売することになった。「ソフト」「ミディアム」「ハード」の3種類があり、卵の表面がある一定の温度に達してから3-7分後に、ゆで上がりを示す表示が殻に浮かび上がる仕組みになっている。
 消費者はゆで時間を気にせず、表示を確認して火から下ろすだけで思い通りの仕上がりが期待できる。価格は通常の卵とほぼ同じだという。

 おもしろいですね。どんな感じで表示が3段階に変わっていくのか気になります。

 (詳しい記事)
[PR]
by ishiinohiyoko | 2006-08-01 11:31