<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

市民公開シンポジウムin仙台開催!!

こんにちは。

皆さんお元気ですか。最近インフルエンザが流行し始めたので

外出から帰ったら、うがい・手洗いを習慣化し、予防しましょう♪


さて本題ですが、タイトルにもある通り、2009年3月24日(火)13:00から仙台で

家畜福祉に関する市民公開シンポジウムを開催します!

「安全・安心は食卓は健全な飼い方から~アニマルウェルフェア畜産を考える~」という

テーマです。

詳細はこちらhttp://www.agri.tohoku.ac.jp/animal-welfare/Top.html

主催は東北大学農学研究科、同家畜福祉学(イシイ)寄附講座、

同複合生態教育研究フィールドセンター(寄附講座のある農場)、

農業と動物福祉の研究会(竹内社長と佐藤教授の出会いのきっかけとなった研究会)です。


今回のシンポジウムの目的は、消費者・生産者・流通業者、または専門家の方々、

皆さんに現状の畜産を知ってもらった上で、家畜福祉とは何か?

アニマルウェルフェア畜産と安心安全な食卓はどうつながるのか?ということを

考えて頂くことです。そして、アニマルウェルフェアを知ってもらうことです。


先日ある科学番組で「人間は考えるサル」である、と東京大学の教授が

話していました。それは、人間は人と接していくながで社会性を身につけ、

自己の利益だけではなく、他者を思いやる心をは育み、

協力して社会全体の利益を考える。これが

ができるのは人間だけ、っといった内容でした。

つまり、人間とサルの違いは他者を思いやれるか、社会全体のことを考えられるか

といった点に収束する気がします。


人間は人間のことだけ考えていたらサルと変わりません。

高等な動物である人間からこそ、自己の利益だけではなく

家畜・環境・生態系への配慮をしなければならないのだと思います。


そして、、、

「情けは人のためならず」という、昔からの諺のように

人(他者)のためと思ってやったことでも、まわりまわって自分のためになります。


まさにアニマルウェルフェア畜産、そのものです。



まだよく分からないという方は、シンポジウムへぜひお越しください!

皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]
by ishiinohiyoko | 2009-01-26 14:14

2009年は・・・

新年明けましておめでとうございます。

昨年は東北大学への寄附講座開設や川渡農場でのシンポジウムと

家畜福祉が学問から産業へと進化の一歩を踏み出したように思います。


さて、昨年の大きなニュースといえば、アメリカで端を切った不況が世界を

揺るがしました。

その中で行われたアメリカ大統領選挙は民主党オバマ氏が当選を果たし、

今までとは違う、新しい社会、新しい政治への国民の期待が導いた結果のような気がします。

オバマ氏が掲げたのは、”Change"という言葉。

流行語大賞とはいかずとも、ドラマの名前であったこともあり、人々に大きな印象を残しました。



経済性・効率のよさを追及して発展してきた畜産業も、ここにきて大きなChange=

変革の時期を迎えています。というのも、一国の元首を決めるアメリカ大統領選挙と同時に

カルフォルニア州では「家畜虐待防止法」制定に関する住民投票が行われたのです。

その内容は「農用家畜を不自由なく回転でき、横になれ、立ち上がれ、四肢を十分に

伸ばせないような方法で拘束することを禁止する」というものでした。

結果は、可決。

このようなアメリカや家畜福祉先進国のEUに対応しようと、

国内でも「快適性に配慮した家畜の飼養管理に関する検討会」が

開かれており、2010年には飼養管理のガイドライン策定の予定です。



口蹄疫、BES、高病性インフルエンザと、生産現場に深刻な問題が発生しています。

目先の利益に問われず、今まで違う、全く新しい視点で畜産=

食生産を持続的可能にするために、必要なのが家畜福祉であると

感じました。


家畜福祉の発展と皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます☆
[PR]
by ishiinohiyoko | 2009-01-07 13:26 | 動物福祉と環境