<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アニマルウェルフェア普及啓発セミナー

こんにちは!

先日行われてたアニマルウェルフェア普及啓発セミナーは

ブロイラー生産企業、生産者、リテーラー、研究所の方々など

50名以上の方に参加して頂きました!


質疑応答では初め、なかなかフロアから意見が出ませんでしたが、

「家畜の幸せを考えることは人の幸せを考えること」という発表に

ご賛同いただきました(*^_^*)


生産者が過酷な労働環境(汚い、臭い、危険=3K)で仕事をしているなか

鶏の福祉を考えろ問われても無理で、労働環境の整備、実際に鶏を扱う人への

配慮がなければ鶏の幸せ、快適な生活は保障できないという考えです。

生産者に気持ち良く、誇りをもって仕事に励んでもらえるような

工夫としてユニフォーム、マスク、ゴーグルの配布を提案しました。


雇用主と労働者、その関係はただ単にお金の受け渡しだけでなく

信頼、思いやり、誇りがあってこそ、よりよい社会へのサービスに

つながるはずです。



「アニマルウェルフェア」

初めは家畜の幸せ、快適性を考えていことが

自然と人の働くこと、幸せについて考えることになってるんです。

素敵でしょ☆




d0000268_11121973.jpg
d0000268_11105998.jpg

[PR]
by ishiinohiyoko | 2011-10-11 11:12 | 動物福祉と環境

アニマルウェルフェア普及セミナー実施

こんにちは。10月になり秋も深まっておりますが

いかがお過ごしでしょうか。

告知です!

アニマルウェルフェア普及セミナーが10月7日(金)に実施されます。

今回はブロイラーに特化したセミナーですが、

アニマルウェルフェアの概念、世界的状況、国内の状況などの全体像と

生産現場やアニマルウェルフェア評価方法などの実態の双方を

知っていただく好機だと思いますので、是非ご参加ください。


講演内容は下記の通りです。

(1)アニマルウェルフェアの国内外の情勢
   佐藤衆介し(東北大学大学院農学研究科教授)

(2)アニマルウェルフェアの指標となりうるか?
 ブロイラー趾蹠皮膚炎の発生実態と発生予防
 高瀬公三氏(鹿児島大学農学部獣医学科教授)

(3)ブロイラーでのウェルフェアレベル評価と向上のための対策
  小原 愛(東北大学FSC客員研究員、株式会社イシイ)

参加申し込みは10月4日となっておりますが、受付可能です。

申し込み方法は、

oubo@jlta.jp または FAX:03-3836-2302
(社)畜産技術協会 緬山羊振興部 あてに
ご所属先、申込者名、電話番号、fax番号、e-mail,参加者名
を添えてお申し込みください。



d0000268_113732100.jpg



d0000268_11374533.jpg

[PR]
by ishiinohiyoko | 2011-10-05 11:38 | 動物福祉と環境